ごあいさつ

活動レポート

2020-11-05 12:00:00

宮城県「フードバンク活動推進モデル事業」(委託元:宮城県保健福祉部社会福祉課)を受託しました。

宮城県としても初の事業であり、石巻広域圏においてフードバンク活動の周知・啓蒙活動と地域密着型の食糧支援体制の確立を目的とし、行政・企業・市民と共に取組み、安定的かつ持続可能なフードバンク活動が展開されることを目的とします。

コロナ禍により、フードバンク活動が注目されてきつつある中、新たな職員も加わり、私たちは引き続き食料を要請する側も、寄付する側も「安心・安全」な品質管理を徹底して参ります。

 

SDGs 県事業イメージ.jpg


2020-11-01 11:00:00

11月より、日本たばこ産業株式会社(JT)「SDGs貢献プロジェクト」事業(外部事務局:公益社団法人日本フィランソロピー協会内)開始しました。

JTの掲げる「格差是正」「災害分野」「環境保全」の3領域での重点課題について、宮城県北部において、フードバンクとして貧困問題や食品ロス削減などについて周知啓蒙活動を更に広げ、身近な地域課題として捉えて頂きたいと考えます。

上記の3領域及び関連するSDGsへの貢献を通じ、包括的かつ持続可能な地域社会の発展に向けて取り組んで参ります。

 

JT.png


2020-10-30 12:00:00
主催:フードバンクいしのまき 共催:石巻信用金庫
昨年、石巻信用金庫11店舗で実施した「フードドライブ」は全国で初の取り組みで注目を集めました。また今年、石巻市が「SDGs未来都市」へモデル都市として選定されたこともあり、身近なところから市民のSDGsへの関心を高めるきっかけにもなります。特に現在、コロナ禍により生活相談機関からの食糧支援要請も激増しており、このようにして地元企業のバックアップを受け、市民の方々からの寄付は非常に有難いものでもあります。
更に石巻信用金庫が今年9月「登米支店」をオープンし、登米地域初となるフードドライブを実施することにより、登米地域においても地域貢献活動をともに展開することを目指します。
(実施概要)
(1)開催日程 令和2年11月2日(月)~令和2年11月27日(金)
(2)実施店舗  ①本店営業部 ②向陽支店 ③大街道支店 ④鹿妻支店 ⑤女川支店 ⑥矢本支店 ⑦登米支店  の7店舗で実施
※平日の店舗営業時間で受付けします。
2020しんきん1.jpg
2020しんきん2.jpg
2020しんきん3.jpg

2020-10-29 12:00:00

かほく「108」クラブ様より、缶詰の寄贈を受けました。

かほく「108」クラブは河北新報グループ企業に勤務される従業員で構成される社会貢献クラブです。

従業員の任意の個人寄付とグループ企業の法人寄付で活動資金を賄い、かほく「108」ファンド助成を毎年行っていますが、今年は新型コロナの感染拡大防止の観点から毎年実施してきたファンドを中止せざるを得なくなりましたが、今回予算を活かしフードバンクへ缶詰の寄贈へと至っています。

また、河北新報社様からも防災備蓄品(缶詰)の寄贈を受けております。

かほく「108」クラブ様、河北新報社様のご厚意に御礼申し上げます。

現在、行っている新型コロナにより影響を受けている「ひとり親」への支援活動へ有効に活用させて頂きます。

 

108-1.jpg

 

108-3.jpg


2020-09-14 16:00:00

当法人主催で、はじめて宮城県内のフードバンク団体(今回は4団体)が会し「情報交換会」を開催しました。

各団体の活動紹介では新型コロナへの対応など共有し、お互いの理解を深めています。

また、今回重点を置いた「食品管理」についてはコープフードバンクの事例を基に意見交換を行い、食品管理の徹底について再認識し、食品を寄贈する側も、受取る側も「フードバンクは安心・安全」であることに努めることとしました。

今回は各フードバンク団体の他、東北農政局、宮城県社会福祉課、宮城県地域復興支援課からもご多用の中、オブザーバーとして参加して頂き、非常に有意義な会であったと感想を頂いております。コロナの影響もありますが、状況を鑑み、年度内に数回開催したいと思います。

 

(参加フードバンク団体 ※法人格省略)

・コープフードバンク(富谷市)

・ふうどばんく東北AGAIN(富谷市)

・いのちのパン(多賀城市)

・フードバンクいしのまき(石巻市)

 

20200914情報交換会.JPG

 

20200914情報交換会2.jpg

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...